リバースピール
美容皮膚科

リバースピールとは

  • 肝斑を改善したい
  • 黒ずみを改善したい
  • ニキビ・ニキビ跡を改善したい
  • くすみをとりたい
  • 色素沈着を改善したい
  • 皮膚のプツプツやごわつきを改善したい
  • スキンケアが浸透しやすい、肌状態に整えたい
  • バリア機能を強化し、肌質改善したい
  • 毛穴の詰まりを改善したい
  • 肝斑の症状改善に効果的
  • ビタミン導入などと組み合わせることでお肌の底上げができる
  • ダウンタイムがほとんどなく、すぐにメイクができる

 

皮膚へのダメージを抑えながら肝斑・色素沈着を改善

肝斑や色素沈着に代表されるような、メラニン沈着および真皮表皮の色素過剰を、段階的に修復していく治療です。

肝斑は、メラノサイトの慢性的な活性化&メラニンの集積により、メラニンが蓄積している状態ですが、メラニン色素が多い場合は、表皮だけではなく真皮の奥まで色素が蓄積してしまい、表面的な治療では、なかなか改善が難しいケースもあります。

また、強い刺激を加えるような過度な治療を行ってしまうと、改善どころか余計にメラニンを生成させてしまい、より症状を悪化させてしまう要因にもなってしまいます。

リバースピールは、ピーリング剤の溶液を使用し、皮膚に強い刺激を与えることなく、深い部分に蓄積されてしまった色素に対して、皮膚の深層から表層に働きかける方法により、真皮の色素沈着を段階的に緩和させ、表皮の色素沈着を除去します。

なお当院では、症状や状態によっては、レーザートーニング、トラネキサム酸注射、コラーゲンピール(PRX-T33)など、複数の治療方法もご用意しております。

3種類のピーリング剤で、深部から浅部までの色素沈着を改善

リバースピールは、3段階の治療で、それぞれ異なる溶液を真皮の奥から表皮に向かって行き渡らせ、皮膚の肝斑や色素沈着を緩和、改善します。

RsP1(真皮層)

リバースピールの第1薬剤。主成分であるTCA(トリクロロ酢酸)、過酸化水素、コウジ酸を真皮層まで浸透させます。
過酸化水素の働きでメラニンを酸化させ、コウジ酸がメラニン生成を抑制・抗炎症・抗糖化することが期待できます。

RsP2(表皮中~深層)

リバースピールの第2薬剤。 高濃度の乳酸(78%)で表皮のピーリングを行い、表皮深部に存在するメラニンを除去します。
肌表面の細胞を壊さずに、メラニン色素に直接作用します。

RsP3(表皮浅~中層)

リバースピールの第3薬剤。 表皮浅部のメラニンを除去し不必要な角質を除去するため、様々なヒドロキシ酸(グリコール酸 20%、マンデル酸 20%、サリチル酸 10%)がバランスよく配合されています。肌表面を滑らかにし、さらに効果を高めていきます。

 

施術時間

40分

痛み・ダウンタイム

赤み、発疹、皮剥けが出る場合がありますが数日で治まります。

通院回数

個人差はありますが2~3週間に1回のペースで5回程度を目安に効果が期待できます。

麻酔

麻酔なしで治療可能です。

メイク、洗顔

当日より可能
(洗顔は優しく洗顔するよう心掛けて下さい。ひりつき、赤みが 強い場合はメイクは控えて頂くか低刺激のものをご使用下さい。)

シャワー・入浴

当日より可能

禁忌

妊娠・授乳中の方/皮膚に炎症がある方/アトピー性皮膚炎がある方/脂漏性皮膚炎症を起こしている方/皮疹またはヘルペスのある方/化粧品などでアレルギーをお持ちの方
※注意が必要な場合
トレチノイン治療をしている方 (リバースピールを始める2週間前に治療を中止して下さい。)
アートメイクをされている方 (アートメイクをしている箇所は避けて施術致します。)

 

治療効果高めるアフターケアアイテム

リバースセラム

リバースピールにより、肝斑治療などを行った後は、その効果を持続させるために、アフターケアとしてリバースセラムの使用が推奨されています(単体での使用も可)。

リバースセラムは、皮膚の色素過剰を阻止・予防するために処方された美白美容液で、メラニン形成のポイントをブロックし、紫外線による肝斑の発生を角質細胞レベルで予防します。
滑らかなテクスチャーで、塗布しやすく、使い心地がよく、ドロッパーを使用することで色素沈着した部分に直接、すばやく正確に塗布することができます。

【使用方法】
・リバースピールの治療中は、アフターケアとして、一日朝晩二回、肝斑が消えるまで塗布します。
・治療が終わった後は、メンテナンスとして、一日一回、朝にのみ塗布します。
※太陽光などからの保護対策として、外出時は、日焼け止めクリームを塗り、長く外にいる場合は再度日焼け止めクリームを塗布してください。

【成分】
トラネキサム酸、ラクトフェリン、ペプチド・アルバチンCB、フェルラ酸、ニコチンアミド、グラブリジン、αリポ酸、赤米

トラネキサム酸:プラスミン角化細胞との繋がりを予測し紫外線によるリンパ蒋の活性化を防ぎ、プロスタグランジンの生産を抑え、結果的にメラニン細胞の形成を抑制します。

OTHER SERVICE
その他の施術