Liposuction・Breast augmentation
脂肪吸引・豊胸
TOP > SERVICE > Liposuction・Breast augmentation > ボディ脂肪注入 > 豊尻・ヒップメイキング

豊尻・ヒップメイキングとは

脂肪注入豊尻

豊尻・ヒップメイキングとは、自分の脂肪をヒップに注入してボリュームアップやヒップアップへと導く施術です。
海外では、「ボリュームのあるヒップがセクシー」とされ、豊尻術が非常にポピュラーです。日本では、一昔前までは「小さなお尻」を好む女性が多かったですが、最近では「尻トレ」などが人気となり、「適度に大きい上がったお尻」に憧れている女性が増えています。
以前の「豊尻術」は、シリコンプロテーゼを挿入する方法しか存在せず、不自然な仕上がりがデメリットでした。
当院では、自分の脂肪を注入する方法を採用。ウエストや太ももから脂肪を採取してお尻に注入するため、なめらかで自然なボリュームアップが期待でき、たるんだヒップラインやウエストもキュッと引き上げることができるようになったのです。

脂肪の定着が比較的良く、長期間の持続効果がある

自分のウエストや太ももから採取した脂肪を特殊技術によって作成したコンデンスリッチファット(CRF)をお尻へ注入します。
シリコンプロテーゼなどの異物を注入するわけではないため、体が拒絶反応を起こすことがなく、注入した脂肪のおよそ6-8割が定着します。
また、ヒアルロン酸などの注入物と比較すると、しこりになるリスクが低く、美しいヒップラインを長く維持することができるのです。
当院ではしこりを防ぐために、脂肪を様々な層に注入する「マルチプルレイヤーインジェクション」を採用。1カ所にまとめて注入せず、分散させて注入することで、しこりのリスクを大幅に軽減しています。

メスを使わないため、傷跡が小さく目立ちにくい

豊尻・ヒップメイキングは、メスを使って大きく切開することはありません。脂肪を採取・注入するための小さい穴が開くだけであるため、傷跡は目立ちにくいです。
露出の多いファッションや水着姿でも、傷跡で豊尻・ヒップメイキングの施術を受けたことが知られてしまう心配はありません。

 

豊尻・ヒップメイキングの特徴

ヒップアップだけではなく全体のスタイルアップに

ヒップアップだけではなく、全体のスタイルアップにつながるのが特徴です。
自分の脂肪をヒップに注入するためには、脂肪を採取しなければなりません。採取場所はウエストや太ももなど、余分な脂肪が気になる部位を選ぶことができるため、メリハリのあるボディを目指すことができます。
ヒップに限らず、全体のスタイルアップを実現することができ、まさに一石二鳥の施術といえるでしょう。

吸収されにくく、長期間の持続効果

豊尻・ヒップメイキングは、ヒアルロン酸に比べ、注入した脂肪は吸収されにくく、持続期間が長いのが特徴です。
一般的にボディー注入として使用されることが多い「ヒアルロン酸」は、体に吸収されやすい物質であることから、持続効果が短く、定期的に注入しなければなりません。
しかし、自分の脂肪を使用する豊尻・ヒップメイキングの場合は、一度脂肪を注入したら、ヒップアップした状態を長く維持することができます。

異物の挿入に抵抗がある方でも安心

豊尻・ヒップメイキングは、異物の挿入に抵抗がある方でも安心して受けられる施術です。
豊尻に限らず、バストアップなどのボリュームを出す施術では、ヒアルロン酸やシリコンプロテーゼなどが使用されることがあります。しかし、異物の挿入に抵抗を感じる方にとって、これらは適切であるとはいえません。不安を感じたままで施術を受けると、その後の生活でストレスを感じ続けることになり、場合によっては日常生活に影響を及ぼすこともあります。
しかし、豊尻・ヒップメイキングは自分の脂肪を使用するため、異物の挿入は行いません。安心して施術を受けることができます。

 

豊尻・ヒップメイキングの施術について

施術時間

3時間

回数

1回

痛み・ダウンタイム

筋肉痛程度

メイク、洗顔

当日可能

シャワー・入浴

施術部位以外は翌日から、施術部位は3日目より可能

 

豊尻・ヒップメイキングの施術費用

メニュー モニター価格 一般価格
ヒップ脂肪注入 ¥500,000 ¥750,000
他院ヒップ修正(脂肪吸引+脂肪注入) ¥700,000 ¥1,000,000
他院凸凹・取りムラ修正(脂肪吸引のみ) 1部位 ¥300,000~
他院凸凹・取りムラ修正(脂肪吸引+脂肪注入) 1部位 ¥500,000~
Case
関連する症例集
OTHER SERVICE
その他の施術