ボディピアス
美容外科

ボディピアスとは

耳および体のピアスホールの作成

当院のボディピアスでは、耳および体のピアスホールを作成します。
一般的に、ピアスホールを作る場合は、自分でピアッサーなどを使用して穴を開けることがほとんど。しかし、まっすぐの穴にならなかったり、狙った部分に穴を作れなかったりして、スムーズにピアスホールを作れないケースが少なくありません。
当院でのボディピアスであれば、専用の医療機器を用いてピアスホールを作成するため、セルフにありがちな失敗を回避することができます。

医療用ニードルを使用

ピアスホールは、「医療用ニードル」を使用して穴を開けます。耳やへそ、その他の部分に穴を開けるうえで適切なニードルを選び、安全性に配慮したうえで施術を行います。
特に、「軟骨」や「舌」「へそ」「性器」などの場所は、デリケートな部位であるため、慎重な施術が必要不可欠。丁寧にピアスホールを作ります。

麻酔によって施術の痛みはなし

当院では、耳介以外のピアスホールを作るにあたり、麻酔を取り入れています。
痛みに対して不安を感じている方でも安心して施術を受けられるよう、麻酔を取り入れるなどして患者様に対して配慮しています。

 

ボディピアスの特徴

金属アレルギー対応のピアス

当院では、多種多様のピアスをご用意しています。もちろん、金属アレルギーをお持ちの方でも安心して受けて頂けるよう、金属アレルギー対応のピアスも種類を多く準備しています。

徹底した清潔操作

当院では、衛生面にこだわり、清潔な環境でボディピアスを開けることを徹底しています。
ピアスホールの作成には、感染や化膿といったリスクがあり、清潔操作を怠ると化膿してしまうことがあります。実際、専門的な知識のない方が安易に自分でピアスホールを開けたことで、化膿してしまったケースは非常に多いもの。場合によっては、しこりとして残り続けてしまうことがあるため、ボディピアスを開ける場合は、専門的な知識及び清潔な環境が必要不可欠です。

ピアスホールの仕上がりが綺麗

自分でピアスホールを作るよりも、クリニックで開けた方が仕上がりが綺麗になります。
自分で作る場合、適切な位置に穴を開けるのが難しく、狙った場所に正確にピアッサーやニードルが入らない場合があります。
また、ピアスホールを作る場所によっては、自分の目で確認しにくく、より失敗しやすいものです。そのため、クリニックにピアスホールの作成を依頼するのがおすすめです。
当院は、ピアスホール作成における実績が豊富で、適切な場所に、適切な方法でニードルを通します。オシャレのためにボディピアスをするのであれば、やはり仕上がりは自然であることが一番でしょう。
美しくボディピアスを付けるためにも、ピアスホールの作成は当院にお任せください。

複数個所のボディピアスにも対応

複数個所のボディピアスにも対応しています。
例えば「耳とへそ」「性器と軟骨」など、自分がボディピアスをしたい場所をご指定頂ければ、複数箇所のピアスホールの作成も承っています。
また、施術後には、ピアスホールを作った後のケアの方法などについてアドバイスします。ケアを怠ると施術部分が化膿したり、強い痛みに悩まされることがあるため注意が必要です。施術箇所を清潔に保つためにも、医師の指示に従いながら日常生活で取り入れてください。

 

ボディピアスの施術について

施術時間

5分

回数

1回

痛み・ダウンタイム

軽度

メイク、洗顔

当日可能

シャワー・入浴

当日可能

 

ボディピアスの施術費用

メニュー 一般価格
基本セット
(静脈麻酔、術後内服薬、サポーター代)
¥50,000
耳たぶ
(1ヶ所、ファーストピアス代込)
¥5,000
※軟膏代として、別途¥2,000かかります。
耳たぶ
(2個、ファーストピアス代込)
¥7,000
※軟膏代として、別途¥2,000かかります。
軟骨・トラガス・インダストリアル ¥15,000
その他の部位
(眉・鼻・舌・唇・乳首・へそ・女性器)
¥20,000
※へそピアス以外のピアスは持ち込みとなります。
※局所麻酔代・軟膏代として、別途¥3,000かかります。
OTHER SERVICE
その他の施術