脂肪溶解注射
美容皮膚科

脂肪溶解注射とは

脂肪細胞を破壊し溶解する

脂肪溶解注射とは、脂肪細胞にアプローチするメディカルダイエットのことで、薬剤を注射器で注入し、脂肪細胞を破壊し溶解を促していきます。
皮下脂肪に直接注射するため、脂肪細胞にダイレクトに働きかけることができ、薬剤が浸透した部分から徐々に脂肪細胞の溶解が進みます。
溶解した脂肪は、そのまま体内に留まるわけではなく、血管を循環して老廃物として体外に排出されます。
運動や食事制限が不要で脂肪を減らせるため、ダイエットが長続きしない方におすすめの施術なのです。

部分痩せが可能

脂肪溶解注射では、部分痩せが可能です。顔は「あご下」「フェイスライン」「小鼻」「目の上の脂肪」など、またボディーでは「太もも」「二の腕」「ウエスト」「背中」など、人によって気になる部位はそれぞれ異なるもの。痩せたい部分にピンポイントでアプローチできる脂肪溶解注射は、部分痩せを実現したい方にピッタリの施術です。
もちろん、気になる箇所が複数ある場合は、1度の施術で希望部位に同時に脂肪溶解注射を施します。

 

脂肪溶解注射の特徴

リバウンドのリスクが低い

脂肪溶解注射は、リバウンドのリスクが低いのが特徴です。運動や食事制限を必要としないダイエット法であるため、「我慢によるストレスで過食になってしまった」「運動をやめたら太ってしまった」といったリバウンドがありません。
また、施術後の生活についても、医師からアドバイスさせて頂くことがあります。体型をキープするためのコツや、生活面で気をつけることなど、気になることがあれば何でもご質問ください。

脂肪がつきにくくなる

脂肪溶解注射は、脂肪がつきにくくなるという特徴があります。
一般的なダイエットの場合、脂肪細胞の数が減少するわけではなく、脂肪細胞が小さくなることで痩せます。何らかの理由で再度細胞細胞が大きくなれば、リバウンドとして体型がもとに戻ってしまいます。
しかし、脂肪溶解注射の場合は、脂肪細胞を小さくするわけではなく「脂肪細胞数そのものを減らす」という効果があります。そのため、脂肪がつきにくく太りにくい身体を手に入れることにつながります。

セルライトにもアプローチ可能

女性のコンプレックスの一つである「セルライト」にもアプローチできるのが、脂肪溶解注射の特徴です。
脂肪細胞そのものにアプローチする成分が使用されているため、頑固なセルライトの撃退としても効果が期待されています。
セルライトは、ダイエットをしてもなかなか解消できないので、脂肪溶解注射で手軽に除去することをおすすめします。

施術可能部位が多い

脂肪溶解注射は施術可能部位が多いのが特徴です。
お顔も「目の上」「小鼻」「ほうれい線横」「フェイスライン」「あご下」など希望される部位は様々。ボディーも「太もも」「二の腕」「ウエスト」といったダイエットの定番部位はもちろんのこと、「膝上」「上下腹部」「ヒップ側の脚の付け根」など様々な部位を施術できます。

 

脂肪溶解注射の施術について

施術時間

5-10分

治療頻度

年に1回

痛み・ダウンタイム

軽度

メイク、洗顔

当日可能

シャワー・入浴

当日可能

 

脂肪溶解注射の施術費用

メニュー 初回価格 一般価格
施術料(針代・デザイン料) ¥10,000
BNLSneo 顔用 ¥3,000/ml ¥7,000/ml
Cellphase(セルフェーズ)顔用
※Cellphase(セルフェーズ)は、2.5mlからのご購入となります。
¥5,000/ml ¥10,000/ml
Michelangelo(ミケランジェロ)ボディ用 ¥4,000/ml ¥9,000/ml
LINE Fit(ラインフィット)顔・ボディ用 ¥6,000/ml ¥12,000/ml
OTHER SERVICE
その他の施術