• 美容外科
  • 美容皮膚科
  • 脂肪吸引・豊胸
エクスパレル麻酔
美容外科
TOP > SERVICE > COSMETIC SUGERY > 身体 - 施術一覧 > エクスパレル麻酔

エクスパレル麻酔

エクスパレル麻酔は「術後72時間の痛みを抑える」ための麻酔です。
施術の前に行う通常の麻酔とは別に、術後の痛みが出やすいとされる72時間に特化して不快な痛みを和らげるために使用します。

 

エクスパレル麻酔とは

通常、手術前に使用する麻酔は手術中の痛みを抑えるもので、術後3〜4時間程度で効果が切れます。今まで手術の麻酔が切れた後に訪れる痛みには、痛み止めなどの内服薬で対応することがほとんどでした。
エクスパレル麻酔には、長時間痛みを抑えることができる「リポソーム」というカプセルのような構造があり、ゆっくりと長い時間作用していく性質があります。この性質により、72時間という長時間、麻酔の効果を持続させ、術後の不快なダウンタイム期間の痛みを緩和させることが可能なのです。

 

エクスパレル麻酔の特長

部位や施術の内容に関わらずご使用いただけます。手術の麻酔が効いているうちに注入しますので、エクスパレル麻酔の注入自体に痛みは感じません。手術後72時間をめどに麻酔の効果が持続します。

エクスパレル麻酔以下のような方におすすめします。

  • 痛みに弱い方
  • ダウンタイム期間に仕事や学校などを休めない方
  • ダウンタイム中の痛みに不安がある方
  • 術後の麻酔が切れた時の痛みが心配な方

※効果には個人差があります

 

エクスパレル麻酔の施術

施術のタイミング

術後、局所麻酔・全身麻酔が効いている間に注入します。

禁忌

18歳以下の方/エピネフリンアレルギーの方/肝臓疾患をお持ちの方/感染性疾患、出血性疾患、コントロール不良の糖尿病がある方/妊娠中、授乳中の方/その他医師が治療不可と判断した患者様

※術前・術後2週間程度の禁煙をお願いします

お問い合せはこちらから

Case
関連する症例集
OTHER SERVICE
その他の施術